アボカドは精力/性欲のつく食べ物!「睾丸」と呼ばれる栄養価の高い果物!

アボカドは精力・性欲のつくスーパーフード!

アボカドは精力のつく食品として有名です。

それにはその高い栄養価や成分にあります。

アボカドはナワトル語で「睾丸」という由来があるといわれています。

その由来もちょっとわからなくもないですが、あれだけ大きな金玉になれば精力抜群になるに間違いないですよね(笑)中の種の方がリアルな大きさでしょうか(笑)

さぁそんなお下品な話は置いておいて、アボカドが精力アップにもたらしてくれる成分や精のつくおすすめの食べ方などを確認していきましょう!

アボカドの特徴

「森のバター」「バターフルーツ」と呼ばれる”果物”

アボカドはスーパーの野菜売り場などに置かれているので、野菜と思われがちですが、果物に分類されます。

またたくさんの脂肪分を含むので

森のバター
バターフルーツ

と呼ばれる、スーパーフードです。

果実の中ではカロリーももっとも高いフルーツとされています。

”良い脂肪”を含むフルーツなので体に良い!

アボカドに含まれる脂肪分は、善玉脂質と呼ばれる不飽和脂肪酸です。

アボカドの脂質はオレイン酸とリノール酸で

体内の血液をさらさらにしたり

コレステロールを減少させる

効果があります。

なので、アボカドにはダイエット、動脈硬化予防、高血圧や心筋梗塞、脳梗塞などの予防にもアプローチができるといえます。

ギネスブックにも記録されている

アボカドが一躍有名になったのは、

世界で一番栄養価の高いフルーツとしてギネスブックに記録されたからです。

とはいえ、アボカドがギネスブックに載った項目は、カロリーの部門のようで栄養価が直接評価されてというわけではないようです。

ただ、アボカドにはカロリーに見合った精力アップ成分が含まれているので確認していきましょう!

アボカドの精力アップに期待できる成分・栄養素

ビタミンE

抗酸化作用
血流改善
精子の数の増加
精子の活発化

がビタミンEに精力への作用があります。

成人男性のビタミンEの推奨摂取量は、6.5mg/日ですが

アボカドには1個あたり(140g可食分)に約4.6mgのビタミンEが含まれています。

つまりアボカドを1個半ほど食べれば1日分のビタミンEが摂取できることになります。

ビタミンB2

成長促進
脳の働きを正常にする
脂質を分解してエネルギーに変える

アボカドには1個あたり約0.29mgのビタミンB2が含まれています。

亜鉛

亜鉛はセックスミネラルと呼ばれる男子機能向上には欠かせない成分です。

男性生殖機能の発達
元気な精子をつくる
男性ホルモン分泌の促進

などに関与しています。

日本で手に入るフルーツにはあまり亜鉛の多く含まれているものは少なく

アボカドには1個あたり(140g可食分)に約0.96mgの亜鉛を摂取できます。

セレン

セレンは、

勃起力の強化

精子の量の向上

血行不良の改善

アンチエイジング効果

の効果が期待できます。

アボカド1個(140mg)では約1.4μgのセレンを摂取することができます。

アルギニン

アルギニンは精力アップでも有名な成分で

性欲アップや勃起に必要な

血管拡張促進

成長ホルモンの分泌促進

の効果があります。

アボカド1個(140mg)には約154mgのアルギニンが含まれるといわれています。

鉄分

精子の形成を助ける
体内へ栄養分である酸素運ぶ働き

鉄分=血流改善には欠かせない成分なので

下半身への血流改善にももちろん欠かせません。

カリウム

細胞内外液の浸透圧の維持
生命活動に必須の働き
精子の質と量を高める

直接的に精力向上の働きではありませんが

生命の活動には欠かせない成分です。

アボカドには男性機能にうれしい栄養がいっぱい!

アボカドを女性の食べ物だと見くびってはいけません!

確かに美容に良いイメージはありますが、男性機能を高めるこれだけの増強成分が含まれています。

しかも1個100円前後で買うことができるので、ぜひ積極的に口にしたいところですよね。

アボカドのその他のうれしい成分・効能

血液をサラサラに!

アボカドの脂質は不飽和脂肪酸なので、悪玉コレステロール値を下げてくれて脂肪にもなりません。

肝臓を守る成分あり!

アボカドにはグルタチオンという抗酸化物質がたくさん含まれるので、お酒を飲んだりタバコを吸ったりした際の、アルコールニコチンなどの体に悪い成分を肝臓で解毒してくれる作用があります。

お腹の調子を整える

なんとアボカド1個にはごぼう1本分、りんご3個分の食物繊維が含まれています。

食物繊維は腸の働きを整えてくれるので、便通も良くなります。

ダイエットにも効果的

アボカドに含まれるビタミンB2は脂肪を分解してエネルギーに変えてくれます。

また血流の流れもよくなるので、体脂肪減少も助けてくれます。

生活習慣病予防も!

ビタミンEの強い抗酸化作用で、ガン予防へも効果が期待できます。

また強い抗がん作用のあるファイト・ケミカルも含まれています。

オレイン酸は動脈硬化予防に働き、カリウムが高血圧防止に働きます。

アボカドは食べ過ぎはどれぐらい?食べすぎるとどうなる?

アボカドは1日1個ぐらいまでにしましょう!

アボカドがいくら精力のつく食材だからといって食べ過ぎはよくありません。

というのも、気をつけたいのそのカロリーの高さです。

アボカド1個(約140g)に262kcal

を含みます。これはご飯1杯分のカロリーとなるので、食べすぎると太ってしまう可能性もあり、他の食べ物との食べ合わせも気をつけたいところです。

アボカドは糖分が少なく、良い脂肪を含むフルーツなのでいくら食べてもいいわけではなく1日1個までを目安にしましょう。

また毎日食べたり、それ以上の1日3個以上も食べすぎてしまうとと次のような症状がでる場合もあるので注意が必要です。

胃痛・胃もたれ・胸やけ

下痢・腹痛

吐き気・嘔吐

ニキビ

頻尿

アレルギー

アボカドの選び方・保存方法

アボカドの選び方

アボカドはよく成熟した、食べごろのものを選ぶようにしましょう。

こげ茶〜黒っぽいもの

弾力性のある柔らかすぎないもの

つやがあり、でこぼこがキレイなもの

できればヘタがあるもの

またアボカドは追熟といって、追加で熟すとよりおいしく食べることができます。

リンゴやバナナなどと一緒にビニール袋に入れておくと、アミノ酸が増えてより栄誉かの高いものになります。

保存方法

常温(8〜12℃)ぐらいの

風通しの良い、日の当たらない場所

で保存するようにしましょう。

温度が27℃以上になると傷みやすくなるので注意が必要です。

冷蔵庫では熟してから4〜5日程度冷凍庫では最大1ヶ月の保存期間の目安となります。

また半分に切って余ったアボカドは、タネを取らずにレモン汁をかけて保存すると長持ちします。

アボカドの精力のつくおすすめの食べ方

アボカドはカロリーが高いので、カロリーの低く精力アップをさらに高めてくれる食材と一緒に食べるのがおすすめです。

アボカドキムチ

・アボカドを好きな大きさにカット

・キムチと混ぜる

・軽く塩をふり、ごま油で味を整える

このレシピではアボカドの栄養価に加えて、キムチに含まれるにんにくなどの滋養強壮、ごまに含まれる成分で精力増進を後押しします。

しかもとっても簡単でカロリーも抑えることができる精力アップレシピです。

アボカドは精力がつく食べ物まとめ

アボカドはカロリーに気をつけて精力アップしましょう!

アボカドには、

ビタミンEや、亜鉛、セレン、アルギニン、ビタミンB2など精力アップに一役買ってくれる成分が含まれています。

食べ過ぎはよくないので、1日1個までを毎日とはいわずとも何日間に1回かは積極的に口にしたい食べ物です。

男性の下半身を元気にしてくれて、勃起不全も防いでくれる場合もあるので、ぜひアボカドのような睾丸になってくださいね(笑)

シェアしていただけたら勃起するぐらい喜びます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。