生姜(しょうが)の成分が精力や性欲を掻き立て勃起にも役立つ納得の理由を解説!

生姜のイメージはズバリ、“体を温める”!!

体を温めるということは、体の芯の血流を改善するだけでなく、末梢血管への血流も改善するということです!

男性の末梢には、そう!ペニスが待ち構えているのでこれは精力増強滋養強壮に良いのではないか?という考えに至ったわけです。

生姜の特徴や成分を調べてみると、性欲を掻き立てるパワー勃起力改善へのパワーはやっぱりすごかったんです!

万能食材と呼ばれる生姜のすごさを確認していきましょう!

生姜の特徴

生姜は古来より愛されて精力アップ食材!

生姜は紀元前300年から500年前からすでにインドでは保存食医薬品として使われてきた歴史の深い食品です。

インドの医学のアーユルヴェーダでは、生姜「薬用成分の宝庫」とも呼ばれ、生姜を混ぜた薬が古くから使われてきました。

また中国では論語で有名な、孔子も食生活に取り入れていたともいわれていますし、ヨーロッパでは生薬として活用されてきた歴史があります。

日本でいうと、55人もの子供を残したといわれる絶倫将軍である、江戸幕府11代目将軍の徳川家斉(いえなり)も生姜を毎日欠かさず生姜を食べていたことでも有名です。

ginger upは元気づけるといういう意味!

ちなみに余談ですが、生姜のすごさは英語にも影響しています。

生姜は英語でginger(ジンジャー)ですが、ginger upという熟語になると”元気づける””活気づける”という意味になります。

それだけ生姜は元気をつけるシンボルみたいなもので、世界中で昔から愛され続けているということですよね!

生姜にはたくさんの種類がある!

生姜にはたくさんの種類があります。

大きさ別に分けると

大生姜
中生姜
小生姜

の3種類に分けられます。そのままですね(笑)

種類別に分けると

根しょうが(ひねしょうが9
新しょうが
葉しょうが

に分けられて、一般的にスーパーなどで手に入るには根しょうがで、ガリに適しているのは新しょうがといわれています。

生姜の三大成分が体を芯から、そして末梢まで温める!

生姜には三大成分と呼ばれる生姜特有の成分があり、その成分が体を芯から温め、末梢まで血液循環を改善させるといわれています。

その三大成分が

ジンゲロール
ショウガオール
ジンゲロン

です。

特にジンゲオールやショウガオールは血管を拡張させて血流を改善する作用や、抗酸化作用があります。

ジンゲロール

ジンゲロールは、その他のショウガオール・ジンゲロンの元になる成分で、生の生姜にもっとも多く含まれる成分です。

生の生姜を食べた際にピリッと辛さを感じるのはこのジンゲロールの辛い成分によるものです。

ジンゲロールはフィトケミカルという植物が作り出した化学物質のひとつで、

・強い殺菌作用
・免疫細胞を活性化
・吐き気や頭痛を抑制
・疲労回復

といった健康にかかわる働きがあります。

お寿司などに生のしょうがすりおろして食べたり、ガリを一緒に食べたりするのは、このジンゲロールの殺菌作用や生臭さを消す作用を活かした食べ方といわれています。

ショウガオール

ショウガオールとは、ジンゲロールの脱水反応や加熱によって作られる成分です。

生姜を乾燥させたり、熱を加えることでジンゲロールがショウガオールに変化します。

ショウガオールは

・血行促進
・抗炎症作用
・抗酸化作用

があるといわれ、痛みを引き起こすプロスタグランジンの減少や、がんやリウマチの発症原因といわれるシクロオキシゲナーゼ-2という物質を抑える作用があるといわれています。

ジンゲロン

ジンゲロンはジンゲロールが熱によって分解された際に生成される、ごく微量の成分です。

強い辛みがあるのが特徴で、別名はバニリルアセトンと呼ばれ、生姜の根っこや茎にある絡み成分です。

中国では漢方薬として使用されていて

・冷え性改善
・食欲不振改善
・体脂肪の減少
・強い発汗作用

があるとされています。

つまり生姜は元気になる食品ということ!

生姜の三大成分の名称が似ていてややこしすぎますが(笑)、生姜にはつまりこういった歴史や特有な成分があるので、私たちの健康に役立ち元気を与えてくれる食べ物だということです!

でもそれがどうして、精力アップにつながるのか?というところが気になるところなので確認していきましょう!

生姜の精力をあげるとされる成分栄養とその効果

生姜の三大栄養素(ジンゲロール・ショウガオール・ジンゲロン)の精力への効果

すでにご紹介した生姜に含まれる、ジンゲロール・ショウガオール・ジンゲロンの生姜の三大栄養素は次の効果が期待できます。

血流改善効果
体温上昇効果
若返り効果

これらの効果が非常に深く精力と結びついています。

血流改善効果

勃起不全やEDなどは、体の最末梢部のペニスへ血流が行き渡らないことで起こります。

また精子を形成したり量を増やしたりしているのは精巣なので、この場所にも血流が巡らないと、男性機能の向上は見込めません。

生姜の成分は、血管を拡張させて血の巡りを良くしてくれる作用があり、手足などの末端部だけでなく心臓から送り出された血液をペニスに行き渡らせる手助けをしてくれます。

体温上昇効果

生姜に含まれるこ成分は、体温上昇にも役立ちます。

特にショウガオールは、胃腸の壁を直接刺激することで、血流を改善して体の深部いわゆる体の芯から熱を作り出すといわれています。

ジンゲロンもまた強力な発汗作用で体を温めます。

体温が低いと、寝起きの気だるい状態が持続してしまい、性欲が起きにくい状態になってしまいます。

過度に睾丸付近を温めすぎるのはよくないですが、平均体温を上げて体を温めることで性欲物質を身体中に巡らすことができるので精力減退を防ぐことができます。

若返り効果

生姜には若返り効果(アンチエイジング作用)があり、そのうち「抗酸化作用」「抗糖化作用」があるといわれています。

抗酸化作用とは、ストレスや加齢によって体内で発生してしまう活性酸素を抑える働きです。

活性酸素は体内の細胞を老化させ、精巣機能の低下血液循環の低下を引き起こす老化物質のひとつです。

生姜のジンゲロールや、ショウガオールはこの活性酸素を抑制する抗酸化作用があるとされています。

また、抗酸化作用と同様に若返り作用があるのは生姜による「抗糖化」です。

糖化とは、体内の糖がタンパク質と結合する際に「AGEs」と呼ばれる有害物質に変化することです。

これによりEDの原因である動脈硬化を起こしたり、しみやたるみの原因にもなってしまいます。

生姜は糖化を防ぐ、抗糖化作用があるとされ、研究では93%の糖化阻止率があるといわています。

生姜はこの抗酸化と抗糖化の作用によって、若々しい体作りをサポートしてくれます。

その他の生姜の精力アップを期待できる成分の効果

三大成分以外にも精力アップ成分あり!

生姜の三大成分が精力向上に役立つのは確かです。

ジンゲロール、ショウガオール、ジンゲロンってすごいのですが、生姜には三大成分以外にも、精力アップに関わる成分が含まれるのです。

マンガン

生姜にはマンガンが豊富に含まれます。

通常の食事では、マンガンが不足してしまうということはあまりないのですが、食べ物からの摂取であれば吸収率は低いといわれています。ラットでの研究では

マンガンが不足すると

性機能の低下(精子の欠乏)
運動機能の低下
中枢神経系の障害

を引き起こすといわれています。

マンガンは必須微量ミネラルの一つで、いろんなホルモンの分泌を促し血流改善の作用もあるので精力回復には必須の成分といえます。

モリブデン

生姜にはモリブデンも比較的多く含まれます。

モリブデンは、アミノ酸の新陳代謝に必須なミネラルで直接的に精力に関与するわけではありませんが、精力剤などにも使用され間接的に精力向上に関与します。

生姜のその他のうれしい効果

生姜には血流改善・体温上昇・若返り効果による精力アップ以外にもうれしい効果がたくさんあります。

健胃作用
生姜には、ジンジベインというタンパク質分解酵素が含まれ、胃腸の負担を軽減してくれる作用があります。また胃の潰瘍を抑えピロリ菌を殺菌する働きもあります。

その他にも

胆汁分泌の促進
咳や痰を鎮める
解熱
めやいや耳鳴りを予防
うつ病を予防
デトックス作用

などなどの効果効能があります。

生姜の精力アップにおすすめな食べ方

生姜の1日摂取目安量は、8~10gといわれています。

これはすりおろしでは小さじ2前後なので、それほど多く食べないといけないという印象ではありませんよね。

ただし何事も食べ過ぎはよくないので、1日あたりの上限は20gぐらいを目安にするといいです。

東洋医学では生の生姜と乾燥した生姜は効果や効能が違うといわれていて、

生の生姜は体の表面を温める
乾燥した生姜は体の中を温める

といわれています。

精力面で考えると、体の表面を温めることも体の中を温めることもどちらも重要になるので、生をすりおろしたものでも、乾燥したものでも、加熱したものでも基本的にどのような食べ方でもおすすめです。

調味料やドリンクとしても使えるので、どのような食べ方というよりはできるだけ毎日継続して食べる工夫づくりが大切です。

食事での精力アップはすぐに効果のでるものではないので、日々の食生活に負担なく生姜を取り入れていくようにしてください。

まとめ

生姜で精力アップしてくださいね!

生姜は古来から愛される滋養強壮食品です。

元気をつけたいときには昔から様々な国々で生姜の力を頼ってきたんですね。

生姜には生姜特有の成分も含まれ、体をストレスや加齢から守ってくれます。

精力アップや体を温めるだけでなくその他健康効果もたくさんある食品です。

それに加えて私たちにも手に入りやすい食材ですし、適量であれば毎日食べても問題はありません。

さすが「薬用成分の宝庫」といわれる食材だけあるので、精力減退に悩む場合は積極的に生姜を食べてみてくださいね!

ぜひしょうがを食べて、勃起して勃起して”しょうがない!”というペニスを取り戻してみてくださいね!(笑)

シェアしていただけたら勃起するぐらい喜びます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする