ビーフジャーキーの亜鉛・タンパク質・鉄分などの栄養で精力/性欲アップを!

ビーフジャーキーで精力/性欲アップ!

ビーフジャーキーは

亜鉛
タンパク質
鉄分
ビタミン類

などの栄養を含むので、精力/性欲アップを目指す男性にはおすすめの食べ物です。

お酒のあてにも人気で、手軽に食べられる精のつく食べ物のビーフジャーキーの詳細を確認していきましょう!

ビーフジャーキーとは

ジャーキーとは肉を干した保存食のことです。

南米の先住民の言葉の「チャルケ/チャルキ」という”日干した食材”が、英語に変化してジャーキーになりました。

ジャーキーには、鶏のささみ・豚肉・馬肉・鮭などもあり、地域によってはカンガルーやワニ、イノシシ・ネズミなんかもであります。ねずみって…(苦笑)

その中でも、主に牛肉のモモや肩肉の部位の赤み部分を使用したものをビーフジャーキーといいます。

牛肉を原料にしたも

のが多いので「ジャーキー=ビーフジャーキー」というのは一般的です。

ビーフジャーキーが精力/性欲アップに良い理由は成分にあり!

タンパク質が精液の元になる!

ビーフジャーキーは牛肉のもも肉などを主に使うので、半分以上がタンパク質です。

100g〜150gの摂取で1日分の必要量を摂取できます。

5枚分(約20g)でも約1/3〜1/4を摂取できます。

精液そのものがタンパク質を含む
男性ホルモンの分泌の促進

特に赤みのお肉のタンパク質は良質です。

亜鉛(セックスミネラル)を含む!

精力向上には亜鉛は欠かせません。

亜鉛は、

精子を元気にする
精子を濃度を上げる
勃起機能の改善

ビーフジャーキーには4g(1枚)0.35mg含み、20g(5枚)で1.75mgも摂取できます。

亜鉛は1日3mgの摂取を目指したいところのなので、5枚で約半分を摂取できます。

鉄分も精力アップに貢献!

鉄分は

各細胞に十分な酸素を与える
スタミナ・持久力の増強
また精子をつくる役目

で精力アップに貢献しています。

ビーフジャーキーには1枚(4g)あたり0.26mg5枚(20g)で1.3gの鉄分を補給できます。

ビタミンB3(ナイアシン)

ナイアシンは精力剤にも含まれていることもある成分です。

脂質をエネルギーに変える
疲労回復効果
胃腸改善効果
テストステロンを作る上でも重要

体の中の栄養分をうまく精力に変換する上で重要なビタミンです。

ビーフジャーキーには、1枚(4g)に0.47mg5枚で2.35mgで目安量の約2/3を摂取できます。

ビタミンB6

ビタミンB6は

タンパク質をエネルギーに変換
亜鉛の効果を高めてくれる

ビーフジャーキーには、1枚(4g)に0.03mg5枚で0.15mgで目安量の0.35mgの約2/3以上を摂取できます。

ビタミンB12

ビタミンB12は野菜には含まれないビタミンです。

赤血球を合成・体力を維持
体の成長を促進
神経を正常にする

といった作用があります。

ビーフジャーキーには、1枚(4g)に0.14μg5枚で0.7μgで目安量の0.8μgの約8割以上を摂取できます。

以上のことを踏まえるとビーフジャーキーには、精力/性欲向上には欠かせない

タンパク質
亜鉛
鉄分

を効率良く摂取できるというわけです。

またビーフジャーキーは手軽に購入して食べることができるので、元気を出したい男性にはおすすめの成分がたくさん入った食品だということです!

ビーフジャーキー特徴!太らない?筋トレ後にもおすすめ!

ビーフジャーキーの精力アップ以外のうれしい特徴です。

低カロリーで太りにくい!

商品にもよりますが、ビーフジャーキーの一般的なカロリーは100g中300kcal前後です。

1枚分が約4gなので約12kcal

1日5枚(20g)食べてもたった約60kcalにしかなりません。

さらに脂質も100g中7.8gとなっていて低カロリー低脂肪食品です。

特にダイエット食品としても注目されていて、

固くてよく噛まないといけないので、満腹中枢への刺激して食欲を満たしてくれる効果もあります。

良質なタンパク質が多い!

ビーフジャーキーには100g中に54.8gもの豊富なタンパク質が含まれています。

牛肉の赤肉には良質タンパク質が含まれているので、それを干すことによって高い栄養価がギュウッと凝縮されています。(牛肉だけに)

精子の原料はタンパク質ですし

性欲回復に必要な筋肉にもタンパク質は重要なので、筋トレ後などにもおすすめです。

海外モデル・ライザップでもダイエット食・間食として注目

海外モデルの間でも低カロリー高タンパク質の栄養価に注目して、ダイエット食として取り入れられているようです。

また糖質制限ダイエットで有名なライザップでも

間食時にはビーフジャーキーをすすめれているようです。

長期保存もきくので便利な食べ物です。

ビーフジャーキーの塩分には注意!どれぐらい食べるのがベスト?

ビーフジャーキーのデメリットは「塩分の多さ」です。

塩分をたくさん摂取してしまうと高血圧の原因になり、血管の内壁が傷つきやすくなり、動脈硬化の原因にもなってしまいます。

ビーフジャーキーは塩分のが多いので、食べ過ぎてEDや勃起力の低下の原因になる動脈硬化になってしまっては本末転倒です。

塩分の摂取目安は5〜8g以下

であるのに対して

ビーフジャーキー20g(5枚分)で約1g

含まれています。

お酒のあてなどでがつがつ10枚も食べてしまうと約2gになってしまいます。

ビーフジャーキーだけでこの量になるので、他の食事との食べ合わせなどにも注意してあまり食べ過ぎはよくありません。

亜鉛の過剰摂取なども考慮して1日5枚程度(約20g)にしておきましょう!

ビーフジャーキーのおすすめの食べ方・購入場所

おすすめの食べ方はずばりそのまま食べることです。

そのままの味が苦手な場合は、スープやチャーハンに入れても美味しいです。

ただしこの時の注意点は、味付けで塩分を余分に入れないようにするのがポイントです。

またビーフジャーキーは、セブンイレブンやファミリーマートなどのコンビニ、コストコなどのスーパー、海外製品をネット購入できますが、特に海外製品であれば添加物に注意しましょう。

あまりにも安すぎる中国産などは、安全な添加物ではない可能性もあるので特に注意が必要です。

体の成長を促進
神経を正常にする

といった作用があります。

ビーフジャーキーには、1枚(4g)に0.14μg5枚で0.7μgで目安量の0.8μgの約8割以上を摂取できます。

ビーフジャーキーで精力/性欲アップまとめ

精力/性欲アップには毎日のコツコツした積み重ねが肝心です。

牡蠣やレバーなどの精力アップ食品をガツンと食べるのもいいのですが、こういった日常的に毎日ちょっとずつ食べられる性のつく食材もおすすめです。

そのひとつがビーフジャーキーというわけですね!

ビーフジャーキーを食べてすぐにギンギンになるということはないですが、元気のない男性にとってはうれしい成分をたくさん含んだ食べ物だということは間違いありません。

シェアしていただけたら勃起するぐらい喜びます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。