キムチの精力/性欲アップは腸を整える乳酸菌にあり!勃起不全や夏バテにも効果あり!

キムチは栄養満点!精力/性欲アップにはおすすめ!

キムチはスーパーなどで手に入る日本でもとても人気の食材です。

そのキムチには驚くべきパワーがあるのです!

男性にとってうれしい精力/性欲の向上だけではなく、健康にも良く、疲労回復効果もあるので、疲れ夏バテにもうってつけの食材なんですよ!

元気を出したい!そんなときはキムチがおすすめなので、キムチで身も心もアソコも元気になる理由を確認していきましょう!

キムチの特徴

キムチは白菜などの野菜と、塩・唐辛子、にんにく、魚介の塩辛などを使用した漬物です。

種類も豊富で、白菜以外にも、大根を角切りにしたカクテキ、ねぎキムチ、きゅうりキムチなどが多く食べられています。

その他の野菜でも、トマトのキムチ、オクラのキムチや、海藻類にキムチなどもあってレパートリーの多い食品です。

低カロリー

キムチは野菜を中心に作られるので、低カロリー食品です。

また野菜に含まれる食物繊維も多く含まれている健康食品です。

一般的には、使用される野菜が主なカロリーになるので、

白菜の場合だと、小1個132Kcalで100gあたり14kcalのカロリーとなっています。

血液サラサラ作用もある!

キムチには、継続的に摂取することで悪玉コレスレロールを減少させ、血液サラサラ効果もあります。

キムチに含まれるニンニクには、血小板の凝縮反応を抑える作用があり、血栓をできにくくしてくれます。

男性に多いとされる、高血圧や心筋梗塞などの血管系の疾患の予防する働きがあります。

乳酸菌が豊富で腸内環境を整える

キムチは乳酸発酵食品なので、多くの乳酸菌を含みます。

キムチの乳酸菌は強く、病原菌であるO-157や大腸菌も殺菌してしまうほどです。

特にキムチにたくさん含まれる、ラクトバチルスという乳酸菌は胃酸に強く、その他胃酸に弱い乳酸菌よりも、高い確率で腸にまで届いてくれます。

腸にラクトパチスが入ると、元々腸にいる善玉菌であるビフィズス菌を増やすので、悪玉菌が増えにくい、良い腸内環境を作り出してくれます。

キムチの乳酸菌が精力アップにいい理由

キムチの乳酸菌で腸内環境を整えることが、精力アップにつながります。

精力減退には腸内環境の悪化と密接な関係があります。

腸と精力の関係?と思われるかもしれませんが、意外とその理由は理にかなっています。

腸の環境を整えると栄養分が吸収されやすくなる

腸の中の特に小腸は、食べ物が分解された栄養分を吸収する役割があります。

小腸の細胞は日々めまぐるしく生まれ変わっているのですが、乳酸菌によって常に腸内環境を整えておくことで、摂取した栄養分を効率よく吸収することができます。

逆に腸内環境の悪化は、栄養分の吸収率の低下をまねいてしまいます。

腸内からセロトニンが分泌されやすくなる

セロトニンは幸福や興奮を感じるといれれていて

性欲を起こす神経伝達物質

です。そのセロトニンは90%が腸内に存在するといわれていて、腸内環境が悪化してしまうと、セロトニンの分泌が低下してしまい、性欲の減退の原因となってしまいます。

乳酸菌によって腸内環境を整えると、セロトニンが正常に分泌され、性欲向上を促し精神を安定させる作用もあります。

勃起や精巣の機能の向上も助ける!

腸内環境が悪化すると、血液内で血流阻害物質が増加してしまいます。

有害物質が血液の流れを邪魔して血行を悪くしてしまうのです。

勃起は陰茎部への急激な血流増加によって起こるので、腸内環境の悪化は結果的に勃起しにくい状態を作り出してしまいます。

乳酸菌により、腸内環境を整えると、その有害物質が減少して血液の流れを邪魔する物質が減り、勃起への血流増加を助けてくれます。

また乳酸菌は血液をきれいにするので、精巣への栄養供給が十分にいくようになり

・精子形成の促進
・精子量の増加

などの男性機能の向上を助けてくれます。

善玉菌を増やすのが精力アップへの鍵!

キムチの強力な乳酸菌で腸内環境を整える!

キムチの強力な乳酸菌で腸内環境を整えておくことは、精力アップには非常に重要です。

腸内環境を支配している腸内菌には、善玉菌悪玉菌日和見菌があります。

このうちの日和見菌は多い方の菌に協力をするので、腸内環境を整えるのには善玉菌を増やすことが絶対条件になります。

そういった意味で、善玉菌であるキムチに含まれるラクトバチルスなどの乳酸菌で腸内環境を整えておくことが、精力アップできる体づくりをする最善の策になるわけです。

キムチの乳酸菌と精力の関係性は、あまり取り上げられることはありませんが、覚えておくと役立ちますよね!

キムチには精力アップに効く食材がたくさん含まれる!

キムチの発酵乳酸食品を活かした精力アップ効果は確認していただけたと思いますが、キムチに使われる食材自体にも精力アップが期待できるものがたくさん使われているんですよ!

これは元気になるのは納得なのでぜひ確認してみてください!

唐辛子

キムチに入っている唐辛子には辛み成分であるカプサイシンが含まれます。

カプサイシンは、神経を強く刺激してアドレナリンを分泌されます。

アドレナリンが分泌されると、体全体の血流量が増加します。

辛いものを食べると汗が出るのはそのせいで、体が温まり身体機能が活発になります。

また、アドレナリンは興奮物質なので、性的興奮・感情的興奮にも作用します。

またこの状態は数時間続く上、胃液や唾液の分泌量も増加させるので、健康にも効果があります。

にんにく

キムチに含まれるにんにくは精力、元気のつく食材の代表格です。

にんにくには、アリシンスコルジニンという強壮作用のある成分が含まれます。

アリシンは、血管拡張作用があり、結果的に陰茎部の血流を良くしてくれます。

スコルジニンは、疲労回復や新陳代謝を促進する作用があったり、心臓の拍動を強くするので、全身の隅々まで血液を送り出してくれます。

またにんにくには、精子形成精力増強に深く関与する亜鉛も含まれます。

亜鉛は性欲の強化や性機能に不可欠で、不足すると精力減退を招く日本人男性が不足しがちな成分です。

しょうが

しょうがを使用しているキムチの場合、さらに精力アップが見込めます。

しょうがは、ジンゲロールという成分が含まれ、血行促進・細胞の活性化・体温の上昇・代謝の活発化の作用があります。

また、脳を興奮させて、循環の中枢神経を刺激したり、呼吸を整え、新陳代謝を高める作用もあります。

白菜

キムチの主材料である白菜の栄養価を摂るには、キムチがぴったりなんです!

白菜は95%が水分ですが、ビタミンA・B・C、カルシウム、カリウム、鉄分、ミネラル類を多く含み栄養価の高い野菜です。

白菜は、加熱調理をすると栄養素が壊れてしまうのですが、キムチは生で調理をするため白菜の養を壊さないで摂取することができます。

またキムチとして白菜を使用することで、発酵過程でビタミンB群が大幅に増えます。

主に使われる食材だけでもこれだけある!

キムチは作り方や食材によって様々な種類がありますが、主に使われている食材だけでもこれだけの精力アップ食材が含まれます。

上記以外にも、ニラなどの野菜や果物、魚介類エキスなどが含まれいることもあるので精力にも健康にもとってもいいんですよね!

それではキムチのどういった成分が精力を高めてくれるのかを具体的に確認していきましょう!

キムチの精力/性欲アップが期待できる成分栄養素

キムチには、精力や性欲をアップさせる成分や栄養素がたくさん含まれています。

タウリン

タウリンは栄養ドリンクなどに含まれる成分です。

タウリンは血管を固くしてしまう、ノルアドレナリンを抑制させる働きがあります。

陰茎部の毛細血管などの血管収縮を防いでくれ、血管拡張を保ち勃起力の強化に役立ちます。

アスパラギン酸

アスパラギン酸は新陳代謝を促進して、疲労回復に作用します。

こちらも栄養ドリンクによく入っている成分です。

カリウムやマグネシム、カルシウムなどのミネラルを体の全体に効率よく運んでくれます。

また勃起に必要な興奮の感覚を脳から伝える役割も担っています。

ナイアシン

ニコチン酸ニコチンアミドと総称をナイアシンと呼ばれます。

ナイアシンはビタミンB3が別名で、糖質・脂質・タンパク質などの栄養素をエネルギーに変える代謝の役割を担っています。

ナイアシンは特に脂肪の代謝を高め、血液をサラサラにして毛細血管を広げる働きがあります。

血流を改善することは、勃起をしやすい体を作ってくれるといえます。

また白菜を主材料とした場合には、

ビタミンB群(B1,B2,B6)
ビタミンE
ビタミンK
ビタミンC
カリウム
カルシウム
マグネシム
リン

亜鉛

などを豊富に含みます。

これらは精力アップに欠かせない、ビタミンやミネラルです。

キムチのデメリットや注意点

キムチを食べる際のデメリットや注意点を確認していきましょう。

胃がもたれる可能性がある

キムチに含まれるカプサイシンは、刺激の強い成分なのであまりにも多く食べすぎると、胃がもたれたり胃痛の原因になってしまう場合もあります。

辛いものを食べて胃が痛くなる体質の人は、食べ過ぎには注意してください。

塩分にも注意

キムチには塩分が、白菜30gで0.7g100gであれば約2.2gが含まれているといわれています。

塩分の摂取目安や成人男性で1日10g高血圧の人で6gとなっているので、食べ過ぎには注意をしましょう。

塩分の過剰摂取は高血圧の原因になるので、たくさんのキムチを食べたい場合は、減塩の商品を選ぶようにしましょう。

キムチの精力アップにつながるおすすめの食べ方

キムチはそのまま食べてもおいしいですが、さらに精力アップにつながる食べ方もあります。

納豆キムチ

納豆とキムチはタッグを組むと最強の組み合わせになるといわれています。

キムチの乳酸菌は納豆菌をエサにしてどんどん増えるので、乳酸菌を増殖させることがわかっています。

また納豆に含まれる特有成分のナットウキナーゼが血栓を溶かし、キムチのにんにくが血栓をできにくくします。

納豆に含まれる、ネバネバ成分であるムチンも精力向上を助けるので、納豆とキムチの組み合わせは非の打ち所のない精力アップ食材です。

また納豆と同じネバネバ食材のオクラや、キムチと相性の良いアボカドも一緒に食べることで相乗効果で精力アップを期待できます。

本サイトでは、「納豆」「オクラ」「アボカド」が精力アップにつながる理由も記載しているので、もしよければ参考にしてみてください。

まとめ

キムチは日頃から食べやすい精力を上げる食べ物!

キムチには健康にも精力にも驚くべきパワーがあります。

興奮作用や血流増加作用
腸内環境を整える
精力アップにかかわる成分もたくさん!

といった特徴があります。

また価格も安価で、常日頃から食べやすい食品なので、頻繁に口にできるというのもうれしいポイントです。

ぜひ日々の食卓の中にキムチを取り入れて精力アップを目指してくださいね!!

シェアしていただけたら勃起するぐらい喜びます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。