ネギの精力アップ効果はアリシンだけでなくビタミンやミネラルにもあり!

1年中そのへんのスーパーや八百屋で売っているネギには、血行を促進して精力を上げて滋養強壮に作用があるとされています。

ネギには、アリシンといった食欲増進・疲労回復・抗菌作用のある成分が含まれますが、その他ビタミンミネラルも含まれるので、私たちの体にとって素晴らしい作用をもたらしてくれるのです。

ネギに含まれる主な成分栄養価

ネギには白ネギと青ネギといった種類があり、含まれる栄養価には差はありますが、それぞれには次のような成分栄養価が含まれています。

・ビタミンK
・ビタミンC
・ビタミンB群
・葉酸
・βカロテン
・アリシン(硫化アリル)

ビタミンK

ビタミンKは、脂溶性のビタミンの一つで、熱や酸にもある程度強いビタミンです。

骨や血液に対して重要な役割を担ってて、止血作用や骨の形成を促す作用があります。

強い体を維持するのには欠かせない成分です。

ビタミンC

ビタミンCは、その強い抗酸化力で、ストレスのよって発生する活性酸素を体内から除去してくれる働きがあります。

粘膜を強くして免疫力を上げたり、コラーゲンの合成を助けてくれ、ストレスや老化から体を守ってくれる役割があります。

ビタミンB群

ネギには

ビタミンB6
ビタミンB1
ビタミンB2

といったビタミンB群が含まれます。

特にビタミンB6が多く含まれます。

ビタミンB群はそれぞれ助け合いながら脳や神経、皮膚などを健康に保つビタミンです。

また糖質、脂質、たんぱく質などをエネルギーに変換する代謝という重要な働きがあり、人間の体には必要不可欠な栄養素です。

葉酸

葉酸もビタミンB群の一種ですが、不足すると動脈硬化などの原因になる栄養素です。

妊婦さんが不足すると、お腹の中の赤ちゃんに影響があるので、サプリメントなどでも補われます。

βカロテン

βカロテンは、抗酸化作用を持ち

新陳代謝の促進・老化防止

目の健康を保つ

といった作用があり、若々しさを保つためには必要な成分です。

アリシン(硫化アリル)

ネギの特徴的な成分は、このアリシンです。硫化アリルとも呼ばれます。

ネギの強い香りの正体で、かなり強い抗菌作用があり、病原菌の駆除や食中毒の対策にもなります。

また、発がん抑制作用コレステロールの減少などにも働くとされています。

ネギのアリシンが精力を高める理由

アリシンが体を元気にして勃起を助ける!

ネギに含まれるアリシン(硫化アリル)は精力向上に有用な成分とされています。

アリシンは体内に入ると、唾液や胃液の分泌を促すので、食欲を増進させる働きがあります。

またアリシンはビタミンB1を通常よりも7倍も吸収を高めるので、

滋養強壮
疲労回復
夏バテの回復

に効果があり、体に元気をもたらしてくれるといわれています。

ビタミンB1は、糖代謝に関わる酵素の働きをサポートする補酵素なので

ブドウ糖のエネルギー変換・疲労物質の代謝を促進する働きがあります。

ネギに含まれるアリシンと、ビタミンB1を同時に摂取すればより効果的というわけです。

またネギに含まれるアリシンは、抗酸化力も持つので、ストレスなどによる活性酸素から精巣を守る働きもあり、元気な精子の形成に役立ちます。

それに加えアリシンには血液をさらさらにする作用があるので、

末梢血管を拡張して全身の隅々まで酸素や栄養素を届けます。

アリシンによって血液がサラサラになると

陰茎部への血流を改善
性欲を司る精巣への血液供給が盛ん

になり結果的に勃起を助ける働きを行ってくれます。

テストステロンの生成にも役立つ!

アリシンには、体内のテストステロンを増加させ、精力減退の原因となるストレスホルモンのコルチゾールを抑制する働きもあります。

テストステロンは、男性ホルモンのほとんどを構成しているホルモンで

性欲を掻き立てる
性的興奮をペニスに伝える
勃起に必要な一酸化窒素(NO)を作る

といった作用があるといわれています。

ネギにアリシンにはこのテストステロンの生成を手助けする役割があるとされているので、精力アップに役立ちます。

ネギのビタミンやミネラルも精力を高める手助けをする!

ネギにはビタミン類も含まれているので、精力を高める手助けもしてくれます。

ビタミンの抗酸化作用で体を若々しくしてくれる

体内に入るとビタミンAに変換されるβ-カロテンは、ネギの緑色の部分に多く入っているとされています。

またネギにはビタミンCも含まれます。

こういったビタミン類は抗酸化作用があり、

血管を若々しく保ち
体の老化を防止
体を酸化するのを防ぐ

作用があります。精子は酸化に弱いので、こういった抗酸化作用のあるビタミン類を含むネギを食べることは精力アップにも効果が期待できます。

ビタミンB群が性ホルモンの生成を助ける

また、ネギにはビタミンB群が含まれるので、栄養素をエネルギーに効率良く変換して、脳や神経の正常化にも役立ちます。

ビタミンB群は、燃料となる栄養素をエネルギーに変換する代謝機能を助けるので、補酵素とも呼ばれます。

エネルギーが脳に行き渡ると、脳下垂体と呼ばれるホルモンの分泌を指示する部分が活性化されます。

脳下垂体が活性化すると、

男性ホルモン
成長ホルモン

といったホルモンの分泌が盛んになるので、男性機能の活性化にも繋がります。

成長ホルモンは、精子を活発にしたり男性ホルモンは性欲をかきたてたり

テストステロンは勃起かかわる機能に影響をするので

精力を高める効果が期待できるというわけです。

青ネギと白ネギはどっちが精力をつけるのにいい?精力アップにおすすめなネギの食べ方

ネギは青ネギの部分と白ネギの部分で、含まれる成分栄養価が異なります。

青ネギ…緑黄色野菜

白ネギ…淡白食野菜

として分類されて、青ネギには、β-カロテンやビタミン、ミネラルが多く含むとされています。

一方白ネギにはアリシンが多く含まれているされています。

アリシンの効果を享受したい場合は白ネギを好んで食べるのがいいですが、その他の成分もバランスよく摂取したい場合は青ネギも食べるのがいいとされます。

ですので、できるだけネギを丸々食べることが精力アップにつながる食べ方といえます。

またアリシンはビタミンB1の吸収を促進するので、ビタミンB1を多く含む食べ物と合わせて食べるのがおすすめです。

ビタミンB1が多い食品としては

豚肉
うなぎ
レバー

などがあります。特に豚肉にはビタミンB1が豊富に含まれるので、

冬は鍋に豚肉やネギをふんだんに入れたり、豚肉とネギの炒めものなんかがおすすめとなっています。

まとめ

ネギを食べて精力アップ!

ネギは身近な野菜でどこに行っても手に入ります。身近すぎて中々注目されることはありませんが

アリシン
ビタミン
ミネラル

といった精力を向上を期待できる成分が含まれています。

ネギは仏教では精力のつきすぎるので、精進料理では食べることが禁止されているほどです。

ぜひこの優秀な食材を積極的に食べて精力向上を目指してみてくださいね!

シェアしていただけたら勃起するぐらい喜びます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。