そばのルチン・ビタミン・アミノ酸は精力を上げて長生きを助ける食べ物!

そばは精力をあげるルチン・ビタミン・アミノ酸が豊富!

そばは”体に良い”というのは広く知られていますが、その栄養価はとても高くたくさんの成分を含みます。

そばの主な成分はデンプンなのですが、その他にもビタミンミネラルアミノ酸など健康を増進する成分を豊富に含んでいます。

これって若々しい体づくりには必須の栄養素達で、加齢によって衰えた体を元気にしてくれます。

だからそばは精力アップを目指す男性には、是非とも食べて欲しい食べ物となっているんです!!

そばを食べると健康にこんなにいいことがある!

そばは長寿食といわれる!

そばは長生きを助ける長寿食といわれています。

昔からそばをたくさん食べる農村部では、長生きする人が多いといわれています。

それには理由がありそばには、

毛細血管を強くして
高血圧
糖尿病
認知症

を防ぐといわれているポリフェノールの一種のルチンや、老化を防ぐビタミンEが含まれているからです。

日本の古くからのしきたりで、年越しにそばを食べるのも、「細く長く」で健康で長寿を願うからです。

それだけそばと長寿は昔から関係のあることがわかっていたんですね。

そばは太りにくい食べ物!

そばは一般的に”低GI食品”とされています。

そばのようにGI値が低いとされる食品は、食べたあとのインスリンの分泌が穏やかに上昇します。

反対に、ご飯やうどんやラーメンといった”高GI”食品は、インスリンが急激に分泌されるため、脂肪を生み出し、脂肪を溜め込みやすい特徴があります。

そばのGI値は低いので、それだけ脂肪を生み出すこともなく脂肪を溜め込むこともありません。

ですので、そばは太りにくい食べ物としてダイエット食品としても用いられるわけです。

そばは食物繊維を豊富に含む!

そばはあらゆる食品の中で、もっとも多くの食物繊維を含むとされています。

そばには小麦粉などがつなぎに使われるので、実際に食べる際には多少の変化はありますが、腸内環境を整えてくれることは間違いありません。

そばの食物繊維は、不溶性で便通の改善や腸の予防に効果があるとされていて、そばをよく食べる人は大腸がんになりにくいという傾向もあるようです。

また腸内環境を整えることは、精力に関係のある成分を効率良く吸収できることになるので、健康にも精力的に良いということになります。

そばは間違いなく健康に良い!!

そばは日本古来から伝わる健康食です。

だから古くから愛される食べ物なんですね。

同じ麺類でもラーメンには多くの脂質や塩分を含んだり、うどんはGI値の高い食品なので、そばよりも太りやすくなっています。

そういったことを考えると、そばは脂質もGI値も低く高血圧やコレステロールが気になる場合にも、他の麺類よりは安心して食べられるものだということです。

そばの精力をあげるとされる成分栄養価

ルチン

そばには豊富なルチンを含みます。

そばが”体に良い”といわれる理由はこのルチンにあります。

ルチンはポリフェノールの一種で、抗酸化作用を持ちます。

抗酸化作用というのはわかりやすくいうと、錆びた体の錆を落としてくれるような作用です。

加齢やストレスを受けると私たち人間の体内には、活性酸素が発生してしまいます。

この活性酸素が細胞を攻撃してしまい、いわゆる老化の原因となってしまいます。

ルチンにはその活性酸素を除去する、抗酸化作用があるので

体内の巡りをサラサラにしてくれるといわれています。

ルチンの効果は

血流の改善
毛細血管の強化
生活習慣病の予防
抗炎症作用
ビタミンCの吸収促進
糖尿病の予防
悪玉コレステロールの除去
認知症の予防

など幅広くあります。

血流改善や毛細血管の強化は勃起にかかわることなので、精力面でみてもうれしい効果です。

ただ、ルチンは水溶性の成分なので、そばを茹でた際に多くのルチンが汁に溶け出してしまいます。

ですので、ルチンを効果的に摂取するには、茹で汁なども飲んだりそば湯にしたりにして汁ごと食べるようにしましょう。

ビタミンB群

そばにはビタミンB群の宝庫といわれています。

ビタミンは、体に貯めることのできない栄養価なので毎日摂取する必要があります。

ビタミンB群は、

ストレスの強い体を作る
脳や神経の感覚を正常化
栄養素をエネルギーに変換
精子形成や活性化に関与

するので精力面でも深い関わりがあります。

そばに含まれるビタミンB群は

・ビタミンB1
・ビタミンB2
・ビタミンB5(パンテトンサン)
・ビタミンB6
・ビタミンB9(葉酸)
・ビタミンB3(ナイアシン)

といわれています。

ビタミンB群は全部で8種類あるのですが、そばにはそのうちの6種類が含まれています。

ビタミンB群は、生命維持には欠かせない精力アップには必須な成分なので、そばでおいしく摂取できるのはうれしい限りです。

アミノ酸

そばには良質なタンパク質も豊富に含まれています。

精子を形成するのには、アミノ酸の集合体であるタンパク質は欠かせません。

そばのタンパク質は植物性タンパク質で、白米やうどんと比較しても非常に豊富に含まれます。

一般的には植物性のタンパク質を含む食品はアミノ酸スコアが低いといわれているのですが、そばはアミノ酸スコアが非常に高いといわれています。

そばには、人間が体の中で自ら作り出すことのできない必須アミノ酸である、

リジン
トリプトファン

などを多く含み、つなぎの小麦粉には

メチオニン
シスチン

が多く含まれているので、良質なタンパク質といわれています。

ちなみにそばのアミノ酸スコアば92で、小麦粉は37、白米は67、大豆は100となっているのて、そばのアミノ酸スコアは畑の豚肉と呼ばれる大豆に匹敵する数値となっています。

亜鉛

亜鉛は精力アップには欠かせない成分です。

亜鉛はレバーや牡蠣などにも豊富に含まれ

精子形成に不可欠
精巣機能を向上
男性ホルモンの分泌を促す

といった働きがあります。

そばには、1食あたり1.04mgの亜鉛が含まれていて、1日目安量の約1/3摂取できることになります。

亜鉛は元から吸収されにくい成分で、お酒を飲むと余分に消費されてしまう特徴があります。

また吸収されずに尿からも排出されてしまうミネラルです。

しかし亜鉛は「セックスミネラル」と呼ばれるほど、男性機能の向上には欠かせない成分なので、そばで摂取できるのはうれしいポイントです。

そばには鉄分を多く含みます。

1食あたり2.34mgの鉄分を含むといわれています。これは5gの乾燥ひじきとほぼ同じぐらいの含有量です。

鉄分は

栄養を各細胞に運ぶ
精子形成にも関与

しているので、精力面での働きも行なっています。

ただしそばの鉄分は、非ヘム鉄と呼ばれる鉄分でレバーなどに含まれるヘム鉄より吸収率が1/5といわれています。

ただ非ヘム鉄はビタミンCと一緒に摂取することで、溶けやすい鉄に変わるので吸収がよくなります。

そばを食べる際の注意点

太りにくく低カロリーで栄養価の高いそばですが、食べる際の注意点を確認しておきましょう。

アレルギー

そばはのアレルギーは「即時型アレルギー」といってすぐアレルギー反応がでるのが特徴です。

ひどい場合には死亡にも至る「劇症型アレルギー」です。

口の周りが腫れる
ピリピリする

などの症状の後

皮膚が赤くなったり、かゆみや蕁麻疹が出て

息が苦しくなり、咳や喘息が出て
嘔吐、下痢

の症状が出ます。最終的には「アナフィラキシーショック」で命の危険にさらされてしまいます。

そばのアレルギー食べた量など関係なく、アレルギーを持っていれば症状が出るので、そばアレルギーがある場合は絶対に食べないようにしましょう。

立ち食いそば

そばの栄養価の高さは、そば粉をたくさん使っているそばに限ります。

個人で経営する蕎麦屋さんでは、そば粉8割に小麦粉をつなぎとして2割入れる「二八蕎麦」や、そば粉10割の「十割蕎麦」が多いですが、

チェーン店などの立ち食いそばはそば粉の割合が低い

傾向があります。

お店にもよりますが、そば粉2割、小麦粉8割のそばや、そば粉を1割しか入っていないお店もあるので注意が必要です。

そばの栄養価の恩恵を受けたい場合は、できるだけそば粉の割合の多いそばを食べることがポイントです。

そばに乗せる具材で高カロリーに

そば粉の多いそば自体は低カロリーですが、そばの種類によっては高カロリーになってしまいます。

かけあげそば
天ぷらそば

などの油を使った具材では特に高カロリーになるので注意しましょう。

脂肪分は悪玉コレストテロールを増やし、動脈硬化の原因になります。

精力減退や勃起不全の原因には、動脈硬化も含まれるので精力的にもよくありません。

そばの精力アップに効果的な食べ方

そばの栄養価を最大限に摂取するポイントとしては

できるだけそば粉の多いそばを食べる
茹で汁も食べる(飲む)
その他精力のあがる食品と一緒に食べる

といったことがあります。

またそばの注目成分のルチンは、ビタミンCと相性が良く相互作用で効果を高めるのでビタミンCを含む食品も一緒に食べることがおすすめです。

ビタミンCを多く含む食べ物とそばはなかなか合わせにくいので、デザートとしてレモンやオレンジなどのフルーツを食べるのもおすすめです。

またそばと相性の良いたまごを入れて月見そばにしたり、とろろそばは精力を上げる効果的な食材といえるので合わせて食べるのがおすすめです。

当サイトでは

・「たまごが精力を上げる理由

・「山芋のとろろが精力を上げる理由

という記事も用意していますので、もよければ参考にしてくださいね!

まとめ

そばで精力アップしてくださいね!

そばには豊富なルチンを含み、毛細血管を強化してくれたり血流を改善してくれます。

またアミノ酸スコアも高く豊富なビタミンB群も含みます。

そういった意味で、そばは精力減退に悩む男性の精力アップに貢献してくれます。

それに加えて低カロリー低GI食品なので、太りにくく栄養価が高いので、麺類を食べるならそばを選ぶのがおすすめです。

そばの成分をしっかりと体に取り込むために、茹で汁も一緒に飲むようにしてください。

シェアしていただけたら勃起するぐらい喜びます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。